プライベートクリニック吉祥寺でつるつる肌になる

理想の自分に近付くための必要な施術

レーザー治療で解決

傷跡のレーザー治療が得意なクリニックを選ぶといいでしょう

手術の跡や怪我の跡、火傷、皮膚病など傷跡にはいろいろな種類がありますが、いままで消えないとされていた傷跡をレーザー治療で消すことができるようになりました。盛り上がりがなく赤みや色素沈着だけがある場合は、レーザーの照射で赤みや茶色を軽減することができます。レーザーは色素に反応して瞬時に異常な部分を分解し、正常な周囲の皮膚を傷つけることはありません。 盛り上がっている傷跡は、平らにすることと色を消すことの両方のレーザー治療を行います。盛り上がった部分を炭酸ガスの照射で分解し、あるいはレーザーで削り、さらに残った色素を別のレーザーで消していきます。 このように傷跡には複数のレーザーを使うことがあるので、事前に傷跡の修正が得意で、複数のレーザー機器を所有しているかを確認します。

機械と薬の組み合わせで正常な肌にします

最近のレーザー治療は複数の機械を使い分けて行います。外科的処置ができるレーザーでは盛り上がった部分を丁寧に削り取って平らにします。また盛り上がりのない傷跡に対しては、色に反応する色素細胞選択レーザーを使用します。これにより、赤、青、茶、黒といった異常な色素の部分だけが分解されます。さらに真皮層に到達するレーザーにより、真皮層の働きを刺激し、コラーゲンの生産を促進し、皮膚を美しくします。レーザー治療は強めの場合には、軽い傷が残ることがありますが、それを外用薬の塗布で治療します。一度強めに傷跡を削り、そこを薬で治すという方法で、傷跡を見えないものにします。傷跡が陥没している個所にはコラーゲンやヒアルロン酸の注入で補います。 このように最新のレーザー治療では、様々な機械と薬や注射での注入で正常な肌に近づけています。

Copyright (c) 2015 プライベートクリニック吉祥寺でつるつる肌になる all reserved.